自社サーバー構成の一例

 

■サーバー構成

1.インターネットサーバー(外部に公開するサーバー)

サーバー名
役割
ファイアウォール セキュリティーに特化したサーバーです。社内のリソースを外部の不正アクセスから守ります。
DNS ドメインとIPアドレスをサーバーに指定するものです。世界中からサーバーアドレスが認識できます。
www インターネットのホームページを載せるサーバーです。
メール もっとも利用価値の高いメール機能を提供します。メールアカウント数はほぼ無制限です。
動画配信 ストリーミングサーバーといいます。動画をセキュリティーの高いストリーミングで配信します。

2.イントラネットサーバー(内部に公開するサーバー)

サーバー名
役割
DHCP 社内クライアントにIPを配布します。これで社内のイントラネットに接続ができます。
社内専用
ホームページ
厳密にはサーバーではありません。社内向けポータルサイトです。クライアントのブラウザを立ち上げるとまずここに接続します。社内向けのニュース等を掲載し、社内の生産性向上に寄与します。
プリンタ すべてのクライアント(Mac,Windows)からプリントアウトができます。1台のプリンタを社内全員で使用します。
FAX すべてのクライアント(Mac,Windows)からFAXの送信ができます。1台の回線を社内全員で使用します。
スキャナ すべてのクライアント(Mac,Windows)からスキャナを社内全員で共有します。
ファイル すべてのクライアント(Mac,Windows)からファイルの共有・バックアップができます。1台のファイルサーバーを社内全員で使用します。

■社内設置サーバーのメリットとデメリット 

メリット1 メールサーバーの管理
・アカウントの追加、削除が簡単
・アカウントの数がほぼ無制限(スタッフ全員・会員等への発行に有利)
メリット2 複数ドメインの設置が可能
・プロジェクト単位のドメインの使用が可能
メリット3 グループウェアの活用(CGI・PHP等)
メリット4 データベースの応用が可能(マーケティング等への活用)
メリット5 クライアントも同時に常時接続が可能(別途専用線は不要)

 

デメリット1 サーバー設置場所が必要
デメリット2 サーバー管理のスキルが必要

予算に応じてサーバー構成を考えます。最小の予算で最大の効果を発揮するシステムを選びます。