次に
http://www.libertysystem-factory.co.jp/filemgmt/viewcat.php?cid=10
から「GroupOffice3.6.20日本語化パッチ」をダウンロード、解凍する。
gunzip goffice-jp2.patch.gz で goffice-jp2.patch を作成、編集
groupoffice-com-3.6.20 を groupoffice-com-3.7.23 に全て置換する。

私の場合は /root に
groupoffice-com-3.7.24/
goffice-jp2.patch
を配置し /root から patch -p0 < goffice-jp2.patch を実行、日本語ファイルを追加した。

しかし、groupoffice-com-3.7.23/language/languages.inc.php が書き変わらないので手動で対処する。2行目に
<?php
$languages['jp']='日本語';
を追加して完了。

後は groupoffice-com-3.7.24/ を適当な場所に移動して完成。

Special Thanks!!
合資会社 リバティシステムファクトリ(Limited Partnership Liberty System Factory)の担当の皆様ありがとうございました。

CentOS5.6にアップしたら、今まで使っていたGroup-Officeが真っ白な画面になって何も表示されなくなった。そこで新しいGroup-Officeをインストールして、日本語化を試みることにした。

まずGroup-Officeの最新版をGetする。
wget http://sourceforge.net/projects/group-office/files/3.7/groupoffice-com-3.7.24.tar.gz/download

解凍してからデータベースを準備し、インストールを進める。

Warningの対処は下記になりました。

php-mcrypt のインストール
参考URL: http://serverfault.com/questions/261268/how-to-build-missing-php-5-3-extensions-on-centos-5-6
最初に必要なパッケージのインストール
yum install php53-devel
yum install libmcrypt-devel

次にphp 5.3.3 sourceをダウンロード・解凍・configure
wget http://mx2.php.net/get/php-5.3.3.tar.bz2/from/us3.php.net/mirror
tar xvjf php-5.3.3.tar.bz2
cd php-5.3.3/ext/mcrypt/
phpize
aclocal
./configure
make

次にインストール
make install

PHPのコンフィグファイルを新規作成、下記を記述
extension=mcrypt.so

apacheを再起動
/etc/init.d/httpd restart

ブラウザから下記phpinfo.phpで確認
<?php
phpinfo();
?>
libwbxml のインストール
●64bitの場合
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm
 rpm -ivh wbxml2-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm
 rpm -ivh wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm

●32bitの場合
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm
 rpm -ivh wbxml2-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm
 rpm -ivh wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm

tnef のインストール
 yum install tnef

Ioncubeのインストール
●64bitの場合
    wget http://downloads2.ioncube.com/loader_downloads/ioncube_loaders_lin_x86-64.tar.gz
    tar -zxvf ioncube_loaders*
    mv ioncube /usr/local/ioncube
    Add "zend_extension = /usr/local/ioncube/ioncube_loader_lin_5.3.so" into your php.ini file before Zend references.

●32bitの場合
    wget http://downloads2.ioncube.com/loader_downloads/ioncube_loaders_lin_x86.tar.gz
    tar -zxvf ioncube_loaders*
    mv ioncube /usr/local/ioncube
    Add "zend_extension = /usr/local/ioncube/ioncube_loader_lin_5.3.so" into your php.ini file before Zend references.

これで準備OK。

phpが古くなったので、CentOS5.6にアップデートしてみた。
CentOS5.5からのアップデートは

yum updateだけでOKらしいが念のため

yum clean all
yum update glibc\*
yum update yum\* rpm\* pyth\*
yum clean all
yum update mkinitrd nash
yum update selinux\*
yum update

ここでperl-IO-Compressのエラーが発生
中断してしまった。

http://slashdot.jp/~ohhara/journal/524688
を参考に

yum install yum-utils
package-cleanup --problems
yum update rpmforge-release
yum update --enablerepo=rpmforge-extras perl-IO-Compress
yum update
shutdown -r now
で再起動

phpを入れ替える
 /etc/rc.d/init.d/httpd stop
yum remove php php-*
yum install php53 php53-*
/etc/rc.d/init.d/httpd start
で完成。

最後にバージョン確認
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.6 (Final)

http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=4744
から
PSCS5OptionalPlugins_Win_ja_JP.zip をダウンロードして解凍する。
PSCS5OptionalPlugins_Win_ja_JP\プラグイン (オプション)\Win32\Twain_32.8BA

C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS5.1\Plug-ins\Import-Export\
へコピーする。

PhotoShop のファイルメニューに Twain デバイスが表示されれば成功。

 

 

xoopsメインメニュータイトルの前に個別画像を設置する方法を探していたが、なかなかうまくいかなかった。偶然に下記を発見してやってみた。cssのこともあまり詳しくなかったので試行錯誤になった。

http://www.xugj.org/modules/QandA/index.php?post_id=5428
Re: メインメニュータイトル冒頭に画像を設置したい

*********************************************************************
legacy_block_mainmenu.html

<table cellspacing="0">
<tr>
<td id="mainmenu">
<{cycle values="0" assign="count"}><a class="menuTop menuBG<{$count}>" href="/<{$xoops_url}>/"><{$smarty.const._MB_LEGACY_HOME}></a>
<{foreach item=module from=$block.modules}>
<{cycle values="1,2,3,4,5,6,7,8,9,10" assign="count"}>
<a class="menuMain menuBG<{$count}>" href="/<{$xoops_url}>/modules/<{$module.directory}>/"><{$module.name}></a>
<{foreach item=sublink from=$module.sublinks}>
<a class="menuSub" href="/<{$sublink.url}>"><{$sublink.name}></a>
<{/foreach}>
<{/foreach}>
</td>
</tr>
</table>

*********************************************************************
style.css

td#mainmenu a.menuMain {
    background: #ffffff;
/*    background-image: url(images/folder_c.gif); */
    background-repeat: no-repeat;
    background-position: left center;
    padding-left: 18px;
    border-top-width: 1px;
    border-top-style: dotted;
    border-top-color: #999999;
    padding-top: 5px;
}

td#mainmenu a.menuBG0 {
    background-image: url(images/menu_icon/home.png); 
}
td#mainmenu a.menuBG1 {
    background-image: url(images/menu_icon/news.png); 
}
td#mainmenu a.menuBG2 {
    background-image: url(images/menu_icon/ITconsul.png);
}
td#mainmenu a.menuBG3 {
    background-image: url(images/menu_icon/marketing.png);
}
td#mainmenu a.menuBG4 {
    background-image: url(images/menu_icon/strategy.png);
}
td#mainmenu a.menuBG5 {
    background-image: url(images/menu_icon/printing.png);
}
td#mainmenu a.menuBG6 {
    background-image: url(images/menu_icon/price.png);
}
td#mainmenu a.menuBG7 {
    background-image: url(images/menu_icon/forum.png);
}
td#mainmenu a.menuBG8 {
    background-image: url(images/menu_icon/download.png);
}
td#mainmenu a.menuBG9 {
    background-image: url(images/menu_icon/RSS.png);
}
td#mainmenu a.menuBG10 {
    background-image: url(images/menu_icon/touhyou.png);
}

*********************************************************************

完成はこちら
http://www.sisj.net/