ペンション・イメージハウスを開業するにあたって

2010年2月撮影
2003 年7月、私たちは横浜から原村に移住してまいりました。長野県で再度、起業をしたかったからです。 当時長野県は、私の目から見て起業をするための自由さがありました。また魅せられた景観のなかで、自分のライフスタイルを確立させたかった ことにもあります。
ペンション・イメージハウスを 開業するにあたって、先輩方、また特に若い人たちと、ビジネス、教育、家族、子供たちの将来のことなどを話し合うことが できれば本望と考えております。そのため、料金は、20~40代の若者が、若いご夫婦が子供たちを連れて、気軽に旅行ができるよう に低めに設定しております。お食事は地域の食材にこだわりご満足を頂けるよう、日々精進しております。
施設を引き継いで4年、特に大幅な改修をしておりません。幸い、校倉造りのログハウスであるため、30年以上すぎている施設にもかかわらず、それほどの古さを感じさせません。これが料金を抑えられた最大の要因です。むしろ、外観に反して、施設内部はインター ネットなど最新のテクノロジを配しており、ビジネスのご利用にも対応させていただいております。

2010.10.10撮影
どうぞ、皆様のさまざまなライフスタイルをお聞かせください。お待ちしております。
峰 達男・あや子


八ヶ岳山麓・原村に誘われて

都心から二時間あまりのドライブで、ここ、八ヶ岳山麓、原村の地に到着します。都会の喧騒から、仕事のあわただしさから、一瞬にして開放され、おもわず深 呼吸。こんなところがあったなんて、今まで、気がつかずにいたのが、悔やまれるくらいです。それもそのはず、大型リゾートと違い、大手業者が開発に手を出 していなかったからです。

ひっそりとした森や林のなかにあるレストランやパ ン屋さん、手作り家具工房、陶芸工房、草木染めのお店、ドライフラワーのお店等が点在しています。皆、この土地に魅せられて移り住んだとお聞きしていま す。こういうお店を小さな看板を目印にさがしあてるのも、楽しみのひとつです。

峰 達男・あや子


「原村ペンションビレッジ」ってこんなところ

ここペンションビレッジは標高1,300mの鉢巻道路のすぐ横にあります。この上は別荘地で八ヶ岳の登山口になります。ペンションビレッジは八ヶ岳の直下 にありながら、意外にも生活には不自由しません。車で10分走ると原村の役場のある中心街。ここには郵便局、金融機関、スーパーなどがあり、とてもにぎや かです。また隣の富士見町までも10分の距離です。富士見町には大型スーパー、家電量販店、病院、100円ショップ、ホームセンターなどがあります。もちろんインターネットもブロードバンドで常時接続、さらにスカパーも受像しているので、メ ディアインフラにおいては東京とそれほど変わりません。買い物をするには、周辺以外にも高速バスを使って新宿に出る事もできます。原村は道路も多く、観光 渋滞もありません。そして農業、工業、ペンションなどが周辺環境・標高の範囲でしっかりと共存しています。
長野県諏訪郡原村・概要
●面積 43.23㎞2 ●人口 7,879人・2,909世帯 (平成23年3月31日現在)