freshclamのエラーレポート

ERROR: getpatch: Can't download daily-12258.cdiff from db.jp.clamav.net
ERROR: Can't download daily.cvd from db.jp.clamav.net
ERROR: getpatch: Can't download daily-12258.cdiff from database.clamav.net
ERROR: Can't download daily.cvd from database.clamav.net

以上のエラーが発生
clamd を再起動してみた。

clamd を起動中: WARNING: Running on 32-bit system, and RLIMIT_DATA > 2GB, lowering to 2GB!

気になったのでバージョンアップで対応することにした。

古いclamav-0.95.3のディレクトリへ移動
[root@xxx ~]# cd clamav-0.95.3

clamav-0.95.3のアンインストール
[root@xxx clamav0.95.3]# /etc/rc.d/init.d/clamd stop
[root@xxx clamav-0.95.3]# make uninstall

[root@xxx clamav-0.95.3]# cd
[root@xxx ~]# rm -rf /usr/local/share/clamav

wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/clamav/clamav-0.96.4.tar.gz
tar zxvf clamav-0.96.4.tar.gz
cd clamav-0.96.4

./configure

make && make install

wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/qmail-scanner/qmail-scanner-2.08.tgz

/etc/rc.d/init.d/qmail stop

rm -rf /var/spool/qscan/qmail-scanner-queue-version.txt
rm -rf /var/qmail/bin/qmail-scanner-queue.pl

qmail-scannerのインストール

tar zxvf qmail-scanner-2.08.tgz
cd qmail-scanner-2.08
./configure --install --scanners clamdscan,verbose_spamassassin --notify none

cd

/etc/rc.d/init.d/qmail start
/etc/rc.d/init.d/clamd start

clamd を起動中: LibClamAV Warning: **************************************************
LibClamAV Warning: ***  The virus database is older than 7 days!  ***
LibClamAV Warning: ***   Please update it as soon as possible.    ***
LibClamAV Warning: **************************************************

/etc/cron.hourly/freshclam 又は /path/freshclam

これで完了

まず、素材をダウンロードしよう。 

http://commons.wikimedia.org/wiki/Crystal_Clear
こちらのアイコンを全てダウンロードしてみる。
下記のサイトを開き上から4番目のCrystal(各種サイズ1,500アイコン)のLinux版(なぜかWindowsとMac版はリンクが切れている)
http://yellowicon.com/downloads/page/

かなり重いファイルなので時間がかかるのは仕方ない。crystal_project.tar.gz というLinuxではおなじみの拡張子だがWindowsユーザーにはめずらしい名称である。
Vectorサイトから
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se166893.html
Lhaca デラックス版
をダウンロード、インストールすればtar.gzを解凍が可能だ。

16x16フォルダがファビコン用である。好きなものを選んでフォトショップによってファビコン形式に変更して、ファイ名をfavicon.icoにすれば完成である。早速サイトにアップロードしよう。

 フォトショップそのままではファビコンの作成はできない。プラグインが必要である。
下記サイトから

http://www.telegraphics.com.au/sw/#icoformat
ICO (Windows Icon) Format の部分
Free download:
 * Windows (standard ICO/favicon)
ICOFormat-1.6f9-win.zipをダウンロードして解凍。
中に入っているICOFormat.8biを
Applications/Adobe Photoshop CS/プラグイン/ファイル形式 に入れればOK。

フォトショップで16x16のファイルを開いて別名保存をして*.ICOの形式を選択すればOKである。

 こちらのサイトを使えばファイル形式を簡単に変換・作成することができる。
http://www.favicon.jp/favicon_auto_create/

 

 xoopsからQuickTimeのストリーミング配信を試みた。xoopsのpicoモジュールを使用してサイトを作った。バックエンドはappleのDarwin Streaming Server (Linux)。下記のサイトを参考にした。

  ●Helix Universal ServerからのQuickTime配信
http://www.realstream.jp/lecture/2006/06/helix_universal_serverquicktim.html

<HTML>
<HEAD><TITLE>エンベット形式</TITLE></HEAD>

<BODY>

---①ここからプレイヤー ----------------------
<OBJECT CLASSID="clsid:02BF25D5-8C17-4B23-BC80-D3488ABDDC6B" WIDTH="320" HEIGHT="256" CODEBASE="http://www.apple.com/qtactivex/qtplugin.cab">
<PARAM NAME="src" VALUE="QuickTime4_Required.mov">
<PARAM NAME="qtsrc" VALUE="rtsp://real server/rstream/demo.mov">
<PARAM NAME="autoplay" VALUE="false">
<PARAM NAME="controller" VALUE="true">
<PARAM NAME="loop" VALUE="false">
<EMBED SRC="QuickTime4_Required.mov" QTSRC="rtsp://real server/rstream/demo.mov" WIDTH=320 HEIGHT=256 AUTOPLAY=false CONTROLLER=true LOOP=false PLUGINSPAGE="http://www.apple.com/quicktime/">
</EMBED>
</OBJECT>
--- ここまで---------------------------

</BODY></HTML>
 

windowsでは見れるがUbuntuでは見れなかった。SRCQTSRCの部分を入れ替えてみたらUbuntuからも見れた。こんな感じ

---①ここからプレイヤー ----------------------
<OBJECT CLASSID="clsid:02BF25D5-8C17-4B23-BC80-D3488ABDDC6B" WIDTH="320" HEIGHT="256" CODEBASE="http://www.apple.com/qtactivex/qtplugin.cab">
<PARAM NAME="qtsrc" VALUE="rtsp://real server/rstream/demo.mov">
<PARAM NAME="src" VALUE="QuickTime4_Required.mov">
<PARAM NAME="autoplay" VALUE="false">
<PARAM NAME="controller" VALUE="true">
<PARAM NAME="loop" VALUE="false">
<EMBED  QTSRC="rtsp://real server/rstream/demo.mov" WIDTH=320 HEIGHT=256 AUTOPLAY=false CONTROLLER=true LOOP=false SRC="QuickTime4_Required.mov" PLUGINSPAGE="http://www.apple.com/quicktime/">
</EMBED>
</OBJECT>
--- ここまで---------------------------

 

red5 を立ち上げてからログアウトすると red5 プロセスが KILLされていることがわかった。サーバーではなくスタンドアローンで立ち上がっているようだ。本家の手順が違っていたようだ。

cd /opt/red5
./red5.sh

  ↓

cd /opt/red5
./red5.sh > log/console.log 2>&1 &

で立ち上げてOKになった。
ついでにantも再設定した。

参考 :
red5
http://tzono.com/wiki/index.php?flash%2Fred5%2F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

ant
http://tzono.com/wiki/index.php?java%2F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

red5は簡単にインストールができるがフロントエンドが難しい。もっと勉強しないと。

最初一般的なyumでインストールを試みた

# yum install sane

# sane-find-scanner -q
found USB scanner (vendor=0x04a9 [Canon], product=0x172e [MP630 series]) at libusb:001:002

認識している

次に
# scanimage -L

No scanners were identified. If you were expecting something different,
check that the scanner is plugged in, turned on and detected by the
sane-find-scanner tool (if appropriate). Please read the documentation
which came with this software (README, FAQ, manpages).

まったく認識しない。

vi /etc/sane.d/canon630u.conf

usb 0x04a9 0x172e を記述してもダメだった。
これで丸二日間ハマり、他にも手当たり次第思いつきで試したがとうとうギブアップ。
仕方なく違う方法にした。

Supported Scanners - Search Engine
に下記の記述がありMP630はサポートされているはず。
pixma     0.16.1     Canon     PIXMA MP630     USB     0x04a9/0x172e     complete
 
https://alioth.debian.org/frs/?group_id=30186から
sane-backends-1.0.21.tar.gzをダウンロード

tar zxvf sane-backends-1.0.21.tar.gz
cd sane-backends-1.0.21

Quick install:
==============
./configure
make
make install
==============
インストール完了

次に設定です。
ファイルのディレクトリが違うので要注意。

vi /usr/local/etc/sane.d/saned.conf
下記を追加(アクセスできるネットワークIP)
# NOTE: /etc/inetd.conf (or /etc/xinetd.conf) and
# /etc/services must also be properly configured to start
# the saned daemon as documented in saned(8), services(4)
# and inetd.conf(4) (or xinetd.conf(5)).
192.168.2.0/24
127.0.0.1

# sane-find-scanner -q
found USB scanner (vendor=0x04a9 [Canon], product=0x172e [MP630 series]) at libusb:001:002

vi /usr/local/etc/sane.d/canon630u.conf
# Autodetect the Canon CanoScan FB630u
usb 0x04a9 0x172e ←確認

vi /usr/local/etc/sane.d/canon.conf
そのまま変更なし
#canon.conf
/dev/scanner
#/dev/sg0

ネットワークに接続する
vi /etc/xinetd.d/sane-port
service sane-port
{
    disable     = no
    port        = 6566
    socket_type = stream
    wait        = no
    user        = root
    server      = /usr/local/sbin/saned ←注意
}

service xinetd restart superdemonとして再起動

テストをしてみる
# scanimage -L
device `pixma:04A9172E_4063FD' is a CANON Canon PIXMA MP630 multi-function peripheral
これでOK。

注意:
libusbは /dev ではなく /proc/bus/usb/ を使用しているようだ
一般ユーザーでアクセスできない場合は
chmod 666 /proc/bus/usb/
それでもダメなら
chmod -R 666 /proc/bus/usb/

最後にwindowsXPにxsaneをインストール・実行

参考サイト
http://raijin.ddo.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%A5%B9%A5%AD%A5%E3%A5%CA%B6%A6%CD%AD