次に
http://www.libertysystem-factory.co.jp/filemgmt/viewcat.php?cid=10
から「GroupOffice3.6.20日本語化パッチ」をダウンロード、解凍する。
gunzip goffice-jp2.patch.gz で goffice-jp2.patch を作成、編集
groupoffice-com-3.6.20 を groupoffice-com-3.7.23 に全て置換する。

私の場合は /root に
groupoffice-com-3.7.24/
goffice-jp2.patch
を配置し /root から patch -p0 < goffice-jp2.patch を実行、日本語ファイルを追加した。

しかし、groupoffice-com-3.7.23/language/languages.inc.php が書き変わらないので手動で対処する。2行目に
<?php
$languages['jp']='日本語';
を追加して完了。

後は groupoffice-com-3.7.24/ を適当な場所に移動して完成。

Special Thanks!!
合資会社 リバティシステムファクトリ(Limited Partnership Liberty System Factory)の担当の皆様ありがとうございました。

CentOS5.6にアップしたら、今まで使っていたGroup-Officeが真っ白な画面になって何も表示されなくなった。そこで新しいGroup-Officeをインストールして、日本語化を試みることにした。

まずGroup-Officeの最新版をGetする。
wget http://sourceforge.net/projects/group-office/files/3.7/groupoffice-com-3.7.24.tar.gz/download

解凍してからデータベースを準備し、インストールを進める。

Warningの対処は下記になりました。

php-mcrypt のインストール
参考URL: http://serverfault.com/questions/261268/how-to-build-missing-php-5-3-extensions-on-centos-5-6
最初に必要なパッケージのインストール
yum install php53-devel
yum install libmcrypt-devel

次にphp 5.3.3 sourceをダウンロード・解凍・configure
wget http://mx2.php.net/get/php-5.3.3.tar.bz2/from/us3.php.net/mirror
tar xvjf php-5.3.3.tar.bz2
cd php-5.3.3/ext/mcrypt/
phpize
aclocal
./configure
make

次にインストール
make install

PHPのコンフィグファイルを新規作成、下記を記述
extension=mcrypt.so

apacheを再起動
/etc/init.d/httpd restart

ブラウザから下記phpinfo.phpで確認
<?php
phpinfo();
?>
libwbxml のインストール
●64bitの場合
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm
 rpm -ivh wbxml2-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm
 rpm -ivh wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.x86_64.rpm

●32bitの場合
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm
 wget http://dl.atrpms.net/all/wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm
 rpm -ivh wbxml2-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm
 rpm -ivh wbxml2-devel-0.9.2-5.0.el5.i386.rpm

tnef のインストール
 yum install tnef

Ioncubeのインストール
●64bitの場合
    wget http://downloads2.ioncube.com/loader_downloads/ioncube_loaders_lin_x86-64.tar.gz
    tar -zxvf ioncube_loaders*
    mv ioncube /usr/local/ioncube
    Add "zend_extension = /usr/local/ioncube/ioncube_loader_lin_5.3.so" into your php.ini file before Zend references.

●32bitの場合
    wget http://downloads2.ioncube.com/loader_downloads/ioncube_loaders_lin_x86.tar.gz
    tar -zxvf ioncube_loaders*
    mv ioncube /usr/local/ioncube
    Add "zend_extension = /usr/local/ioncube/ioncube_loader_lin_5.3.so" into your php.ini file before Zend references.

これで準備OK。

phpが古くなったので、CentOS5.6にアップデートしてみた。
CentOS5.5からのアップデートは

yum updateだけでOKらしいが念のため

yum clean all
yum update glibc\*
yum update yum\* rpm\* pyth\*
yum clean all
yum update mkinitrd nash
yum update selinux\*
yum update

ここでperl-IO-Compressのエラーが発生
中断してしまった。

http://slashdot.jp/~ohhara/journal/524688
を参考に

yum install yum-utils
package-cleanup --problems
yum update rpmforge-release
yum update --enablerepo=rpmforge-extras perl-IO-Compress
yum update
shutdown -r now
で再起動

phpを入れ替える
 /etc/rc.d/init.d/httpd stop
yum remove php php-*
yum install php53 php53-*
/etc/rc.d/init.d/httpd start
で完成。

最後にバージョン確認
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.6 (Final)

Logwatchのqmailから

 **Unmatched Entries**

 xxxxxxxxxx.xxxxxxxxx warning: trouble opening remote/0/xxxxxxxxxx; will try again later

のようなエラーが出てmaillogが巨大になっていた。

queue-fixで修復を試みた。

 

# wget http://www.netmeridian.com/e-huss/queue-fix.tar.gz

# tar zxvf queue-fix.tar.gz

# cd queue-fix-1.4/

# make

エラーがでるので

 

# vi error.h

 

extern int errno;

#include &lt;errno.h&gt;

に変更

 

必ず

# make clean

を実行してから

# make

 

以下修復を実行

[root@xxxx ~]# cd queue-fix-1.4

[root@xxxx queue-fix-1.4]# ./queue-fix -i /var/qmail/queue

It looks like some permissions are wrong, should I fix them? (Y/n)

Y

Changing ownership of [/var/qmail/queue/remote] to uid 507 gid 502

Changing permissions of [/var/qmail/queue/remote] to [700]

There are some stray files in /var/qmail/queue/info/20

Should I remove them? (Y/n)

Y

 

qmailのリスタート

# /etc/rc.d/init.d/qmail restart

巨大maillogを削除

# rm /var/log/maillog

# touch /var/log/maillog

# /etc/rc.d/init.d/syslog restart

長く使っていたqmailからpostfixへ移行したが、ファイアウォール越しのホストへメールを送ることができなかったが試行錯誤で解決した。

# vi /etc/postfix/main.cf
最終行に追加する

transport_maps = hash:/etc/postfix/smtproutes

# vi /etc/postfix/smtproutes

aaa.com.net       local:
.aaa.com-club.net      local:
bbb.com   smtp:[192.168.xxx.xx]
.bbb.com  smtp:[192.168.xxx.xx]

# postmap smtproutes
でsmtproutes.dbを作成する

postfixをリスタートして完了。