wordpressの自動アップグレードを利用するにはFTPのPASVモード接続が必要。
PASVモード接続時の最小ポート番号と最大ポート番号を指定し、ファイアウォールのポートを開いておく。
次にFFFTPなどでPASVモード接続ができるかためしてみる
これでwordpressの自動アップグレードが可能になるはずだ。

ただし、wordpressのフォルダがhomeフォルダにない場合、たとえば/var/www/においた場合は、wordpressフォルダのオーナーをFTPユーザーに変更しておく必要がある。